FC2ブログ

ケ・セラ・セラ(なんとかなるかな…)

工務店で家を建てていく記録的要素の強いブログです。自然素材、無垢と素人考えのこだわり(もちろん挫折あり)。薪ストーブを導入予定。

進捗状況(棟上げから107日目)

11月5日の現場


今日も仕事終わりに現場へ直行して珪藻土塗り
左官屋さんが施行した2階トイレの珪藻土下地
2階トイレ左官下塗り
左官屋さんはパウダー状の物を練って、2回に分けて施行(下地塗りと本塗り)
これは下地塗りが終わったとこなんだけど、めっちゃ綺麗!!
トイレは座ってじっくりする場所なんで壁塗りに神経を使うとこらしく
左官屋さんでも一番上手な人が担当するらしい(笑)
確かに大で入って時間がかかると5分くらいは座って壁を凝視するよなぁ



ここは子供部屋の壁と天井
吹き抜け部分左官下塗り
屋根はクロス(珪藻土っぽいモノ)で壁は左官さんが塗った珪藻土(下地塗り)
本塗りは少し黄味が入ったクリーム色っぽい感じで塗られる予定なんで、現状とは印象が変わるかな

しかし、プロなんだから当たり前なんだろうけど、めちゃめちゃ作業が早いし綺麗!
こっちは神経擦り減らしながら慎重に塗ってるんだけど
後ろから「シャー!シャー!」って軽快な塗ってる音が聞こえる
で、休憩がてらチラっと見に行くともう違う壁に移動してる
何かローラーでペンキ塗ってるんちゃう?って思うくらい早いし綺麗なんすよ



これは自分が塗ったWICの開き戸裏部分
11月4日の成果(WIC)
もうね、自分で塗ったとこを出したくないくらいの出来(笑)
乾いてる途中なので当たり前だけどムラだらけ、コテ跡だらけ…
追加料金払っても良いから左官屋さんに塗ってもらおうかと思える(--;
やりたいって言ったんだから、本気で間に合わなくなるまでは自分でやるんだけどねぇ
一番の難関は寝室の出窓がある面(ここは一番最後にやる予定)
一番難しいのが隅出しとか言われる角の部分
出窓だからホンマにこれが多いんですよねぇ…


ここ数日、左官屋さんと一緒に作業してて色々お話をさせてもらった
最近は「左官」業がどんどんなくなっている
理由としてはクロスやボードが主流だから(工期短縮にもなるし、工賃や材料費も安くなる等)
昔ながらの日本家屋を作るときは外壁から家の中まで色んなとこに左官さんが入ってた
うちに入ってくれてる左官屋さんもここ最近で一番大きい現場だと言ってた
伝統の技法がたくさんあるので、出来ることなら廃れてしまわないといいなぁと


この左官屋さん、こっちにもすごい気を使ってくれるし、仕事も丁寧で綺麗
出来ることならどんどん仕事が舞い込んで欲しいと思ってしまう




    ↓ランキングに参加してます。ポチっとしてもらえると励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する