FC2ブログ

ケ・セラ・セラ(なんとかなるかな…)

工務店で家を建てていく記録的要素の強いブログです。自然素材、無垢と素人考えのこだわり(もちろん挫折あり)。薪ストーブを導入予定。

薪ストーブ

水廻りや電気設備の話も書かなきゃいけないのですが、自分の1番のこだわりの薪ストーブから…

学生の頃から、バイクでキャンプをするようになり
ミーティングという呼び名のバイクキャンプに足繁く行ってた
その時にバーナーだけでなく、普通に焚火(直火じゃないですよ)もしていた
夜中にバイク仲間と焚火を囲んで馬鹿な話をよくしてたんですよ

んで、何かのイベントの時に薪ストーブ(確かペレットストーブが主体)の展示を発見
一発で自分も欲しくなった

これがきっかけですね

以下、少々余談
弟が新築した実家…
2階リビングに薪ストーブがあるし!(1階は両親世帯が使用)
弟もアウトドア大好きで火遊びも好き(笑)
弟は主暖房としてではなく、補助として趣味的な導入らしい
そりゃ、床暖房まで入れれば必要ないやろ…
(薪ストーブ使用時には床暖房切ってるけどさ)
あ、薪ストーブを導入したいって言ったのは、家を建てようかと話をした時点なんで、弟に影響されてではない
余談終了


今回、自分の家を建てるにあたって、薪ストーブはなんとかして導入したかった
予備知識はほんのちょっと
さっそくネットを徘徊し、本を立ち読み(今では何冊も雑誌が転がってます…)
乗ってるバイクがハーレーというアメリカンバイク
その流れで当初はアメリカ製のバーモントキャストやダッジウェストをイメージしてた
でも、調べてると北欧の方が歴史が古く、クリーンバーン方式は元々こっちが本家らしい
触媒式も惹かれたが、元々ものぐさな性格だし、メンテや操作は簡単な方が良い
ってことで、北欧系を物色して検討
ヨツール、モルソー、メトスが有名どころなのかな
形はモダンではなく、クラシックが好き
何個か候補を選び、奥様にも見せる
奥様的にはヨツールが好みのようだった

K建設(Sさん)が、我々のイメージから選んだのは(暖炉屋さんが選んだのかも)
ヨツールのF400
おぉ、方向性が一緒だ(笑)
ただ、F400は薪が前面からしか供給できない
少々オーバースペックにはなるかもだが、サイドからも入れれるF500が良いなぁ

わかんないのなら、専門家に聞くべし!
K建設が取引してる隣のF市にある暖炉屋さんへゴー!

間取りはK建設からもらってるらしいので、F400とF500で色々と相談
確かに少々オーバースペックの可能性もあるが、リビングと仕切られてる和室も温めたいならF500が良いとのこと
うちは間取りでリビングイン階段でリビングに吹き抜け
冬の主暖房として薪ストーブを位置付けている
エアコンもあるが、暖房としては補助的にしか使いたくない
そんな条件からF500でも問題ないとのこと
下手するとF400じゃ能力不足になるかも(ガンガン焚けば暖まるが薪の消費量が跳ね上がる)

煙突も室内はシングルで屋根直下から外部はダブル断熱

下手すると2階に熱が溜まり、2階が灼熱になるかもなのでシーリングファンは必要

あぁ、予算アップ確定…
他で減らさなきゃ…
でも、薪ストーブは譲れない

薪は奥様の実家をメインに確保出来そう
奥様実家は山があり、山に囲まれている
しかも、お義父さんが薪作ってるし、何かとアドバイスも貰える
チェーンソーや斧ももちろんある(自分の斧は買う予定だけどね)
確保できなかった分は購入予定です

  ↓ぽちっとしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

ブログ村リンク
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する