FC2ブログ

ケ・セラ・セラ(なんとかなるかな…)

工務店で家を建てていく記録的要素の強いブログです。自然素材、無垢と素人考えのこだわり(もちろん挫折あり)。薪ストーブを導入予定。

配筋開始

今日は配筋について

うちは「手組み配筋」と呼ばれるもので、職人さんが一本づつ現場で曲げて組み合わせていきます
大手ハウスメーカー等では「ユニット配筋」と呼ばれる工場で作り上げたものを現場で組み合わせていきます
どちらが良い!ってのは無いようで、メリット・デメリットがあるようですね
手組み配筋は職人さんの腕次第という技量に頼ったもので、綺麗に仕上がらないこともあるらしい
反面、強度が出やすいという利点もあります
ユニット配筋は、均一な品質というメリットもあるけど、現場で溶接したりして強度が出にくいという面もあるようです
これは、もう施主の好みでしょうね
うちは手組み配筋で満足してます♪

まずは綺麗に一方向(平行)に並んだ配筋
配筋1
これが歪んでると綺麗な四角い配筋が出来ません
これは奥様撮影のため真っ直ぐなのかわかる画像が無かった
(俺が指示を出してないから奥様は悪くないよぉ…ってフォローを)

縦・横の配筋が済み、外周の立ち上がり部分が進んでいますね
配筋2-1
画像に赤く囲ってあるところにコンクリ片があります(見難いですが…)
これは配筋の下に決まった大きさのコンクリ片(業者によってモノが変わりますが)を入れて
砕石と配筋の距離を均等にするもので、必要な工程


結構なブロガーさんがやってる配筋接写をうちも(笑)
配筋3
綺麗な四角が出来上がってます♪
写真を見れば一目瞭然ですが、シングル配筋となってますね
強度を出したい場合はダブル配筋ってのもあるんだけど
うちはシングルでも全然問題ないとのことだったので、これで御願いしてやす

ここから少し個人的な考えや意見を書きます
(自分の考えなんで、「ふ~ん、あっそ!」って程度で流してください)
色んなHPを巡ってると「シングルで組まれた!」「ダブルの方が絶対良い!」って書いてあるところもありますね
もちろん、シングルよりダブルで組んだ方が基礎の強度は上がります
でも、上物の重量等によってはオーバースペックにも成り得るとのこと
いつか来ると言われてる大災害にも耐え得る基礎が欲しいと考えるかどうかだと思ってます
ただ、基礎が耐えれても上物が耐えられないと意味が無いんじゃないだろうかとも
ごっつい耐震構造や高度な制震装置を組むほどの予算があれば、それも良いとは思うけど…

もう、施主や工務店の考え方次第で、絶対にってことはないんじゃないかと…

ただし、上物の重量等でダブル配筋が必要な基礎なのにシングルで組むってのはダメだろうけど…

以上、個人的な考えの垂れ流し
色んな意見や考え方があるのは十分に承知しています。個人的な意見なんでスルーしてください。自分の現時点での考え方の備忘録的な意味合いで書いてます


これからは配筋検査を受けて、水道や下水・ガス等のスリーブを組んで、べた基礎へのコンクリート流し込み→
立ち上がりの打設→養生→型枠外し→建て方(棟上げ)と進んでいくと思われやす
ほぼ毎日、仕事終わりに現場を見に行ってるんだけど、どんどん進んでて仕事終わりに行くのが楽しみ
明日から来週にかけて天気が崩れそうなのが心配…


   ↓予定通り工程が進むとええねってことでポチっとお願いします
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

先日はコメントをありがとうございました。

いよいよ目に見える形になってきて楽しくなってきましたね。
もうすぐ梅雨も明けますから、どんどん進みますよ~^^

まちこ | URL | 2012-07-12(Thu)08:50 [編集]


ありがとうございます

昨日、小雨のなか基礎のコンクリ打ちが行われていました

この分なら来週の棟上げに間に合うかな


これからの変化を楽しみに更新していこうと思います

けんけん(ちゅう) | URL | 2012-07-12(Thu)12:20 [編集]